子どもと暮らす日々のブログ

IT企業で働きながら子どもと夫と生活する日々を書いています。どうせなら人に役立つことも書ければと思います。

夫婦

【離婚】夫と別れた理由のいくつか

離婚にはいくつもの理由があり、これという決定打がある人もいればない人もいると思います。 多くの人が言っていることですが、離婚はその数だけ事情がある、ということ。 結婚したときに離婚を前提にする人はいないと思いますが、私は予兆みたいなものはあ…

離婚の現実

夫への思い これまでもブログでちょこちょここぼしていた夫とのこと。 大抵の人は、伴侶に不満を抱きつつも、なんとか忍耐しながら楽しみながら夫婦でいること、家族でいることを続けているのだろうと思います。 家族なんてそんなかんたんに解体したり、分解…

モラハラ夫の特徴

あちこちで、モラハラ夫について取り上げられたり話題にもなっていますが、我が家もご多聞に漏れず、かなりやばいです…一緒にいるとヤバさに気づけないのですが、何となく、ヤバくないかなぁという感じもありました。うちの場合は、私の母がすぐに気づいて、…

家族と無意識

高校時代に選択授業で倫理を選択していました。そのときにユングとかフライトを初めて知ったのですが、「人は意識の世界だけで生きているわけではない。実は無意識の領域の方がはるかに大きい」何てことを学び、大いに感銘を受けました。 あれから20年。 日…

気づけば結婚記念日

残業で気づいたら20時。夫の怒りが瞼に浮かびます。 ひとまず会社を出るときに抜け殻の声で電話。連絡をスキップすると火に油ですからね。夕飯は買ってこなくていいという夫の声とご機嫌のテンション。 あやしいと思いつつ帰宅すると、いつも通りお風呂に入…

鬼瓦!

昨日、またまたすごい剣幕で夫に怒られてしまいました。 私はものすごい仕事が立て込んでおり、夫は夜、友人と会う兼仕事があったために母にお迎えをお願いしていました。私も帰ったら9時半で、実家に娘を引き取りに行ったのも遅かったのですが、夫も遅いの…

夫の怒りと反比例に仕事への情熱が。

毎晩、私の帰りが9時前後になるので、夫は非常に不機嫌です。不機嫌の度を越して、そのうち憤死しちゃうぜ?と思うほどに怒りまくりです。 私も永遠にこんなに長く働こうとは思っていないのですが、勉強の身。そして昨日は頼まれ仕事が夕方から入って、今日…

夫の帰省

夏の終わりに夫が兄弟や親に会いに旅立ちました。 私は転職活動もあり、週末には資格試験もあるので遠慮しました。娘も非日常でストレスいっぱいになるだろうし、娘中心に動けないなら単なる負担だということで一緒にお留守番です。 夫は新幹線代を惜しんでL…

いじめとDV、問題の根は一緒

今日、立て続けに2つのニュース記事を読みました。 一つがこれ。 3日に1人妻が殺される!日本のDVの実態 | オリジナル | 東洋経済オンラインtoyokeizai.net 警察統計によると、日本では今も3日に1人ずつ、妻が夫によって殺されています。内閣府の調査による…

夫婦の時間

以前、夫からの提案で「週に一度でも夫婦の時間をとって映画を観たり話したりしよう」と言われました。 でも、なんだかんだと試験勉強がお互いあったりイレギュラーな予定が続いて自然消滅。 ごはんに関して、私はお酒を(いっぱい)飲むけど夫は飲まないし…

くだらないケンカの考察

昨日も今朝も夫は私に怒り心頭でした。 昨日の夜は確か…疲れててすぐに思い出せないのですが、そうだ、夫は人との関係でバリアを作ることがあるよね、という話をしたらどうもすごい爆弾だったようで説教コースでした。 ひどく疲れていたので平謝りして即寝し…

母の味噌汁と凶暴性...??

いつの時代も、というか今の時代は特に子育てについてとやかく言う人が多いのかもしれないということを、この記事を読んで思いました。 <a href="https://cakes.mu/posts/9464?r=20150609f">カップ麺を食べたい子供だっている | 世界のどこでも生きられる | May_Roma | cakes(ケイクス)</a>cakes.mu このコラムニ…

平凡な夕飯時に起きた悲劇

珍しく週末の夜、早く帰ってきたもので何品か料理を作って早めの夕飯を食べました。 夕方、娘は夫が食べてたお菓子をもらったりしたせいかあまり食べず、ちょろちょろと歩き回っていました。 普段ならテーブルで食べるのですが、めずらしくソファとサイドテ…

親族の結婚式

最近、親族というか、夫の兄弟の結婚式がありました。 花嫁の方のことは何も存じ上げないのですが、式の準備の時にだいぶ兄弟間で諍いがあったのでその印象が深く、正直、心象のよくないまま、結婚式でした。 いざ、結婚式。 夫のお兄さんは40歳。それくらい…

なかなか広がらない里親、養子縁組。その違いとは?

先日、知人の方がシェアしてくれたニュースです。 <a href="http://www.j-cast.com/tv/2014/01/17194362.html">身勝手すぎる親たち!里親委託・養子縁組受けられない子供増加…「自分は育てられないがヨソの子にするのイヤ」</a>www.j-cast.com ニュースの内容に入る前に、里親委託と養子縁組のおさらい。 里親委託とは? 里…

夫婦の戦う会話

昨晩のことですが、夫に何気なく「なんでここに袋が置いてあるの?」と訊きました。詰問したわけではなく、「どうして??」という純粋な思いからでした。 その袋は佐川急便で届いた夫の荷物の入っていた袋。ちょうど台所の冷蔵庫の前にあり、何か二次利用で…

結婚の理想:学歴、収入、ルックス?

先日、スターバックスで勉強をしていた時に隣のテーブルから興味深い会話が聞こえてきました。 おそらく大学生か社会人1-2年目くらいの若い女性同士だったのですが内容はこんな感じです。 Aさん:「付き合う相手には、一定以上の収入を求めるよ。500万くらい…

引きずりますが、母の日ネタ

私のFacebookの友達が偏っているせいでしょうか? 母の日のFacebookのタイムラインに 「母親最高」 「ママ大好き」 「母親はすばらしい」 「ママはいつもベストを考えてくれる」 「いつも子どもを一番に考えているママに感謝」 という、胃もたれ気味の書き込…

母の日の悩み

今年、5年以上ぶりに母の日にプレゼントをしました。 母とは仲が良いし、もう今では月の半分近く、実家でご飯を食べたりしています。夫が試験前、子どもや私がいるとどうしても勉強に集中できないってことで「行かないの?」って言われたのがきっかけで、喜…

強靭な心

知り合いでオセアニア系の人と結婚した人がいます。もうお子さんも2人いるのですが、とにかく旦那さんが破天荒で、「本当によく根気よくやってるなぁ」と思って、毎回彼女の更新するブログを楽しみにしています。 だんなさんは、家の中でもサンダルのまま入…

マタハラとか子なしハラとか女性の立場はちょっと面倒くさいのかもしれない

先日、はてなのトップをみていたら気になったブログがあり、思わずコメントをしてしまいました。 産みたい女 産みたくない女 産むか産まぬか決まらぬ女 - 限りなく透明に近いふつうninicosachico.hatenablog.com すごい長文なのですが、かいつまんでいうと「…

DVとは何か

4月に入って社会福祉士の勉強が始まりました。 今から夏までの間、キャリアコンサルタントとのダブルスタディなのでとにかく課題をきちんとやり遂げてキャリアコンサルタントもきっちり合格できたらいいなと思います。思いだけは・・・。 そこで社会福祉士の…

夫の怒り

ちょこちょこと書いてはいますが、今週も夫の怒りが爆発していました。 きっかけは、夫が台所で調理した後、調理台が汚れていたので、「きたないよ。食べ物とかしまってからやってくれたらいいのに」と言ったことでした。 彼の中の怒りの理由は2ポイント。 …

結婚して変わる愛情のプライオリティ×5love languages

この間、結婚して2年になる友達と話していました。 それは「結婚してから相手の愛情を何に感じるかが変わった」ということ。 アメリカでは結構有名らしい「5 love languages」というのがあります。 くわしくはここで。 要は、自分にはどんな愛情表現が愛だと…

離婚という言葉が頭を掠める時

十人十色とは本当に良く言ったものです。 夫婦もそれぞれで、感情も関係もいろいろ夫婦ごとに違います。 我が家は最近、だいぶ落ち着いてきたので、はらわたが煮えくり返る手前くらいでお互いに落ち着けるようになりましたが、結婚して、子供が生まれて、穏…

ガキ夫では済まされない話

朝から興味深いニュースを読み、早速、夫にもシェアしました。 &lt;a href="http://www.huffingtonpost.jp/hiroaki-mizushima/childish-husband_b_6882674.html"&gt;テレビ番組でも家庭でも議論される「ガキ夫」、該当する場合どうすれば?&lt;/a&gt; NHK『…

夫婦円満の秘訣はあるのか

以前にもチラッと書いた、昔の知り合いのブログの話。 カップルサイコー!! 妻、beautiful~~~~ 連日、ブログの投稿にこういう言葉が踊っています。まるで初めて彼女ができた男子校生のつぶやきのようです。 いったいどうしたらそんなハイテンションで夫(も…

夫婦の価値観の違い

芸能人の離婚会見やコメントなどで「価値観のすれ違い」って昔っからよくありますが、結婚する前は「価値観の違いなんてあって当たり前じゃん。結婚する前から分かってたでしょ」と思っていましたが、そんな考えは甘いんだと言うことを今は実感を持ってわか…