子どもと暮らす日々のブログ

IT企業で働きながら子どもと夫と生活する日々を書いています。どうせなら人に役立つことも書ければと思います。

会社は学芸会じゃないから。

今週に入り、ちょっと厄介な案件が出てきました。

今、新規プロジェクトを全社的に動かしていて、それだけでもひーこらいってるのですが、どうやらこの時期にうちの支社長がイベント(一晩に2つ)をぶち込んできました。

f:id:like_little_children:20150413221344j:plain

そもそもどうしてそんな突飛なアイデアが出てきたかと言うと本社社長が巡業でこちらに来るから。

見栄っ張りめ。

いったいどこにイベント準備する時間があるというのか。

 

支社長がみんなを1つに、士気を高めて、とか講釈を垂れてる間に内部崩壊がまたぐんと近づいてきた気がします。

時限爆弾を抱えて働いているようでしんどい。

しかも、いつも温厚な同僚が珍しく気色ばんで「ほんと我慢の限界。何なんですか!」と心から怒りをあらわにしていました。

 

これまでと変わらず、非常に忙しいです。今週も毎日取材があって記事も書かなくては行けなくて、自分のプロジェクトは手が付けられなくて。

なのに全くかまうことなく、イベントをやるとはね。それも、内部ですませられるものではなく、外部客を招くとのこと。

全くアナウンスしていないので誰も来ないと思うんですが・・・。

 

  1. 私たちの動きを全く理解していない
  2. もちろん気持ちも理解していない
  3. 何をすべきか言わない
  4. イベントのゴールが見えない
  5. きていただくとして、そのお客さんのメリットも見えない

ないない、だらけで全くやる気も起きないのですが、今回ばかりはクビも回らないし、ただでさえ本社から上司が来るということで私も無理に予定をずらしたりして子どものお迎えも家族に頼んだりしているわけで。

働く以上、当然の内部調整なのですが、それにしても全くもって目的が見えないことのためにエネルギーは割きたくないなと思います。

よく、「やることが大事」という人がいますが、子供騙しの運動会や学芸会ではないのでやったことで「結果が出ることが大事」だと思うのですが。

 

ま、良くも悪くもうちの社長をみていて「社長業」の敷居はグンと下がりました。

いつか、いつのひか、そんな目標ないけど上に立つ立場になる日が来たら、accounting/recruitment/HR/Engineerといったあたりはがちっと抑えておきたいです。

うちの会社で一番ないがしろにされてる部門で、それゆえに動きがおかしくなってるから。

 

これでブログentry100本目なのですが、思わぬことで会社への愚痴になってしまいました。

雨が続くので、もう梅雨か。冬への逆戻りか。

とどっちにしても私の脳みそが、心がこの天候を拒否してますが、まあ大人なのでこんな日も働き、どうせ働くからにはしっかりと次に繋がるように、売り上げに繋がるように働こうと思います。