子どもと暮らす日々のブログ

IT企業で働きながら子どもと夫と生活する日々を書いています。どうせなら人に役立つことも書ければと思います。

背中に噛み跡

以前もあったのですが、昨日娘をお風呂に入れていたら、背中にくっきり噛んだ跡。あらー、誰かに噛まれたんだなと思いましたが、触っても痛がってないしお湯をかけてもケラケラと笑ってたので大丈夫そうです。

歯が生え始めた子どもが噛むということはよくあることのようです。

 

f:id:like_little_children:20150611155303j:plain

噛む効果?噛む理由をまとめてみました。

  1. 気持ちを言葉にできない
  2. 関わり方がわからない
  3. 発達メカニズムによるもの
  4. 喧嘩
  5. 甘えたい
  6. 眠い

 

などがあるようです。上記の記事に綺麗に対応などもまとめられていました。

 

基本的に、まだ2歳にもならない子どものことなので、仕方ないことですね。それより、娘も噛んでるんじゃないか?とちょっと心配になりました。家で噛まれたことはほとんどないんですが、昨日はニヤッとしながら肩を軽く噛まれました。

 

娘の背中の跡をみると、服の上からなのに夜になっても跡が残るほどだからよほど歯の強い子なんだろうと思います。

 

最近よく、「今が一番可愛い時ね」といわれて、いつもそう言われてますけどねぇ、なんて思っていました。

確かに今も可愛いですが、コミュニケーションが周りの人と上手くとれない状態ってすごくストレスフルなんじゃないか?と思います。別に言葉の習得が早ければいいとは思いませんが、「自分の気持ち、伝わってるな」とか「ママはそういうけど、私は違うんだ」といったことをお互いにキャッチできるようになったら、少し違ってくるかなと思っています。

 

それにしても、背中に噛むってすごい器用だなと思います。腕とか肩ならまだわかるけど、背中って平面だし。じゃれ合いの延長なんでしょうね、子どもたちにとっては。