読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもと暮らす日々のブログ

IT企業で働きながら子どもと夫と生活する日々を書いています。どうせなら人に役立つことも書ければと思います。

仕事が忙しくても精神的に軽やか!の理由

仕事が始まって初週を終えました。

日々、あっという間です。

最初に入った時は美男美女だらけで気後れしてしまいました。

 

今は気後れこそしませんが、なんていうのか。

大学のキャンパスを歩いているようです。

 

「会社は学校じゃない」と言いますしそれはそうなのですが、どこか学校のようです。

不思議な団結力があってフルコミットで。

 

さて、前の会社のこじらせ上司といまだにFacebookでつながっていて、「あー、相変わらずだな」と思いました。

面と向かえばそれほどビッグマウスも出ないのにFacebookだとものすごい大口なんですよね。

「トップクラスのメディア」とか「今に見てろ」とか。

それしか言ってないですね、基本。

 

彼が威勢のいい言葉を言っても実行に移したところは見たことがないです。

 

今回、ジョインした会社はまだまだ新興メディアでこれからという会社ですが、やるべきこと、目指すところに向かって日々、日々粛々と業務を進めている感じです。

それこそ、Facebookにドヤ顔をアップする余裕なんてないですし、あそこのレベルが〜とか、こっちが〜なんて能書きたれてる暇もないです。

 

創業者以来、そうしてまじめに仕事してきたのがこの会社の今を作ってるんだなって入社4日でしみじみ思いました。

f:id:like_little_children:20150904234004j:plain


今の会社で耳を澄ましていると、誰かが誰かに注意したりしている光景があります。

「これじゃお客さんに全然わからないよ。どうしてこの資料、分けちゃったの?」とかとかね。

 

でも、一つ一つ、納得だし誰も頭ごなしだったり感情的に話すことはなく淡々と「こういうところは改めたほうがいいよ。そうすることであなたもこうなるから」と、相手がどう変わるか、周りがどう感じるかまで話していて、なかなかそういう踏み込んだアドバイスをしてくれるところなんてないし、まるで大学の先輩と後輩のようでした。

大学時代には「社会人になったらそういう話し方は通用しない」とかOBが言ってる姿を見たこともありました。

けど、社会に出ると誰もいってくれないで、自分の変な癖がそのまま仕事に出てるとかありますよね。

 

たとえば言い訳しがちとか、なんか悩みすぎて前に進めない、とか。

 

その上で、人と比較してどうのこうの言わないし、何時間も(今日は約12時間)一緒に働いてて長時間で行き詰まるかと思いきや、ずーっとみんな安定していて穏やかです。

 

よほどできた人たちなのか?裏が実はあるのか?とちょっと心配になる程。

 

しかも、ダラダラとたるむ瞬間もなく、ずーっと朝と同じテンションで忙しく、機敏に働いていて私もすっかりまじめになりましたw

仕事中にももう膨大なネットサーフィンなどいたしませぬ。

 

30代も折り返したところで、頑張るべき場所を見つけた気がします。

人間関係の良好さと仕事のやりがいがあれば、大抵の仕事の忙しさは乗り切れるもんなのかもしれないと思いました。