読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもと暮らす日々のブログ

IT企業で働きながら子どもと夫と生活する日々を書いています。どうせなら人に役立つことも書ければと思います。

娘の熱でとうとう会社を休む

子どもがいれば、そして小さければ小さいほど会社を休まなくてはいけないことってあるのは、ある面仕方ないですね。

どこかで腹をくくるしかないなと思います。

f:id:like_little_children:20150908173435j:plain

今回は私が入社したばかりなのにKYもわかっていながらお休みさせてもらいました。

 

なんとなく、わかっていて熱と吐き戻しの原因が私と夫にある気がしたからです。

 

昨日の朝、私が慌ただしく朝の準備と家の掃除などをしていたら

「何時に家を出るのか」と言われ、

「掃除が終わり次第、着替えて出る」と返事したのですが、時間を言わないのが気に食わないようで「仕事なんてやめさせてやるっ」とかなんとか息巻いて、非常に苦々しい、憎しみに満ちた目で私を見ていました。

 

娘は知らんぷりをして「魔女の宅急便」を見ていたのですが、「あーこれはきっとよくない気がする」と思っていました。

 

だから、「子どもが熱」と聞いたときにさもありなんと思いました。

 

「うるさいな」とか「こんな朝から喧嘩すんな」とか、子どもは言えないし、ただただ、不機嫌な会話を聞かされるわけで、ものすごいストレスだと思います。

 

だから、私のせいであり、まあそうやって私が仕事、仕事で忙しくしてるのを快く思わない夫のせいです。

 

い母親は思いっきり働いちゃいけないのかな。

私自身は、そういう価値観を持っていなくて思い切り働きたいのですが、夫からしたら「家事育児放棄」となるようです。

 

たとえ、毎晩洗濯し、毎朝そうじをして週末はずーっと娘と一緒にいて寝かしつけもやっていても。

 

その上でなお、「不出来な母親だ」という口調で「早く帰らないのは娘がかわいそう」「娘への愛情不足」など、測る針のないものさしで測られているようでどっと疲れます。

 

今日は久しぶり、といっても8日ぶりくらいですが、大好きな午後のドラマ三昧でのんびり過ごしました。

 

娘はねんね、ねんねです。