子どもと暮らす日々のブログ

病院で働きながら子どもと生活する日々を書いています。どうせなら人に役立つことも書ければと思います。

ずっと続くベビーカー論争、子育て界隈の話題。

娘が生まれた約6年前も、そのずっと前も、そして今も不毛に続く公共交通機関におけるベビーカー論争。

 

 

こんな意見や

 こんな意見も

 私の場合は、上の娘が一人だった時は抱っこ紐での移動がメインでした。その方が自分も楽だし、雨風を気にせず移動できて良かったからです。

下の子を妊娠してから娘3歳で重いし妊娠中に重いものを長時間抱えるリスクもあったのでベビーカーを活用。

息子が生まれてから出かける時は娘は徒歩、息子はベビーカーです。2歳〜3歳っていうことが聞けないお年頃なので、出かける道中に事故のリスクが潜んでいます。

息子は重すぎて抱っこもおんぶも辛いし、なんなら眠くなった娘の抱っこも控えていて割と度々、娘を抱っこしながら片手でベビーカーを押しています。

我ながら力持ち&ハンドル捌き秀逸、と励ましながら。

 

舌打ちされたことも、蹴られたことも、邪魔と言われたこともないですが、きっとそう思っている人はいるだろうと思いながら移動しています。ネット見ると世の中の悪意ってものすごくいっぱいあるから。

 

電車通勤をしていると、時々赤ちゃん連れや子ども連れの親を見かけます。そんな時に電車で毒づく人を見たことはないのですが、子どもの中には障害を持っていることが一目でわかる子どももいて通学や通院に利用しているケースもあると思います。そうしたケース以外でも企業内保育所に子どもを預けるために電車通勤(通園)せざるを得ないケースもあると思います。

 

ベビーカーと関係ない話になりますが、知的障害や高次脳機能障害発達障害などを抱えている人の中には、公共交通機関に乗ることが苦手な人も結構いて、私の関わっている患者さんは電車に乗る訓練、バスに乗る訓練をします。

約束の時間に駅に、指定の場所に着けるように正しい行き先の電車に乗って、正しく乗り換えて、電車のドアが開いても降りる人が先でその後に乗って、降りない駅だとしても立ち位置によっては一度ホームに降りて、電車を降りる人に道を譲ってまた乗り込んで…。

都会の電車は本当にハードルが高いと思います。

少し、そういう判断が遅れてしまったりうまく理解できないだけで「乗るな」だの「邪魔」だのとなってしまいますが、電車にはいろんな事情の人が、いろんな理由で乗っていて、そこにベビーカーあると明らかに邪魔だよねとか、そこに立たれると後ろの人降りられないよ!とかありますが、どなったり鼻息荒くしないで普通に伝えられればいいのにと思います。

気を使いすぎて一周回って怒り倍増。だから極端な言動がネットで溢れるのかもと思ったりしました。

 

ネットの発言を見ていると、社会の成熟は一生訪れないのかと思ったりしますが、世の中にいろんな人がいること、そういういろんな人が社会の中で生きてることがネットのおかげで認知されている側面もあると思うので、人のバリエーションの豊富さをもっと噛み締めて生きていけばいいのにとつくづく思います。その噛み締めた味の中には、苦味も渋みもあるでしょうけども。

子供が嫌いな人は、どんなにマナーができていても、その人の基準に達するレベルでなければきっとベビーカーでの電車乗車が許せないでしょうし、発達や高次脳に理解がない人は、暗黙の了解で動く世の中(エレベーター片側空けとか)に付いていけない人がいた時に「邪魔」とか言っちゃうんでしょうけども。

 

でも、そういう人は世界がデコボコしていることやいろんなカラーで構成されていることを楽しめず、その挙句誰かに牙をむくのだとしたらなんだか虚しくないのかな?と思ってしまいます。

 

子育て界隈の話でもう一つ。

「我が愛息子、愛娘にワクチン打ちません」。

て人がいますが、最初に知った時はすごく驚きました。

ワクチンの副反応の怖さを理由にワクチンは一切打たないという猛者がいますが、それってどうなの?と思います。

先日、勤め先の病院で血液検査をしたのですが、風疹やはしか、水痘などの抗体がどれくらいあるかの検査もしました。

病院には色々な患者さんがいて、感染症の人もいるかもしれないし、患者さんが感染症というよりも働くスタッフが感染症に知らずにかかっていてうつしてしまうリスクもあります。

何れにしても、ワクチンのアレルギーがあるとか言った特別な理由がない限り、ちゃんとワクチンを打っておくことが病気の重篤化を防ぐ方法なので、子どもの予防接種や自分もちゃんとインフルや風疹などの予防接種をしておくことは責務だなと思います。

インフルなどは予防接種してもかかることがあるので、前の病院でも「具合が悪いのに働かないでください。それで他の人にうつったら大変なことですよ。みなさん無理しないように」となんども言われていました。

 

体調不良を押して働くのは美徳ではないし、反ワクチンも価値観とか哲学とかそんな話じゃなくて、基本的にちゃんと打ちましょう、という話だと思います。

それで接種後に体調が悪くなってしまったら、その薬に対するアレルギーがあるかどうかきちんと検査をしていくとかちゃんと治療をしていくしかないですが、アレルギーの有無も調べる前からワクチン=悪というのは違うのではないかと思います。

 

教育にしても、医療にしても、食にしても世間というものにしても、「なんとなく」良いとか悪いとか言われていて挙げ句の果てにトンデモ科学が跋扈していることが気になります。

子供が生まれてから、「母乳」「離乳食手作り」「ワクチン打たない」「電子レンジ使うな」「牛乳飲ますな」「フラッシュカードで勉強」…とあらゆる信奉者がいて、その分野の「専門家」が眉間にしわを寄せてそれをする危険性、しない危険性を語るのですがなんだかどれもこれもマユツバ。

 

文明の利器も活用して健康に安全に、そこそこ気を緩めたり時々締めたりして生きていければいいじゃんてすごく思ってしまうのです。