子どもと暮らす日々のブログ

病院で働きながら子どもと生活する日々を書いています。

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい」


www.youtube.com

やや長いタイトル。

でも聖書を一通り読んだ、もしくはキリスト教系の学校に行ったことがある人、クリスチャンなら誰でも知ってるすごく有名な一節ではないかと思う。

テサロニケ 5章16節の聖書の言葉。

 

先日、友人に「あなたは辛いとかもう嫌だとか思うことはないのか?」と聞かれた。

仕事8割の平日と家事8割の週末と、日々あっという間だけど、職場に向かう道、帰りの道、ふとした時にいつも感謝でいっぱい。

 

ああ、神様には感謝しかないなって。

先日、私のミスで娘に迷惑がかかりそうな時もお祈りして神様に心から謝って、「だけど神様がこの教訓を通して私をもう少しまともな母にしてくれるかも」など考えていた。

どんなことも、きっと神様が最善を備えてくださっている。

 

私はそれでも人が病気になるとか死ぬことは受け入れがたくて「どうして??」と神様に責め立ててしまう。

自分がもしそうなっても受け入れ難いだろうと思っている。まして、自分の子どもがそうなったらと思うだけで発狂してしまう。

 

それを思うと、健康で生きていることは何にも代え難い感謝なことで、日々の苦労などどうでも良いことに思えてくる。

 

仕事でも、子どもに対してもなるべく爽やかな心で臨みたいと思っている。

明るくて颯爽として仕事するのと、思い詰めて仕事するのとで、周りに与えるものが違いすぎる。

家で疲れ切ってる時もあるけど、なるべく子どもに対しても溌剌と接していたいなと思う。

明るくて面白い方が、暗くて怒りっぽいより断然いいから。

 

神様は、自分の置かれた状況によらず、喜んで、祈って、感謝しなさいと言っていて、なかなかその境地になれるほど人間育ってないのだけど、神様がいるから生きてるなぁと思うことには喜んで感謝していきたいと思う。

 

ふと、そんな拠り所が私の心の原動力なのかもね、と友人の問いに自分なりの答えが出た。

「シングルマザー」の恋愛(??)

お金配りで有名な前澤氏が今度はシングルマザー向けマッチングアプリを出しました!(ドヤ)となっていた。

 

私は8割に入らないし、前澤氏がどんな聴取をしたかは調べてないのでなんとも言えないけど、なかなか手強いものだった。

 

普通に、冷静に考えて。

 

離婚した女性(男性)にとって、次なるパートナーを見つけていく過程ってすごく慎重になるのではないだろうか。

子どもがいなければともかく、相手方との間に子どもがいた場合、子どもに与える影響がどの程度、どんなものであるかというのをまず最初にそして最後まで考えるし、子どものことが真っ先にくる。

 

でも、だからこそ「シングルマザーと」付き合いたいとか出会いたい人っていう存在は最大限の警戒すべき案件でもある。

 

逆に、自分が独身で男性と付き合うときに「シングルファザー限定で」など考えなかった。

生む性として百歩譲って「自分では難しいけど子どもを育てたい」という思いがあったとしても、私個人でいえばそういうことだとしても子どものいない独身男性と結婚して養子を迎える以外の考えには至らないだろうと思う。

 

一体、前澤氏が何をしたかったのかよくわからないけど、そのよくわからなさがまた気持ち悪さでもある。

 

そして怪しげな団体の後押しを受けているのかズブズブなのかよくわかんないけど共同親権最高❤️みたいな変なシングルマザー協会とかいうところも猛プッシュしていて色々気持ち悪い。

 

2度と恋愛なんてしたくもないし、仕事以外でも面倒くさいことやるとか、そんな気力ゼロだし、我が子が史上最高に可愛く、それよりも大事な存在は2度とない。

 

まして、「シングルマザーの女性」という人と出会いたい男の心が全くわからない。全然理解できない。

むしろ、たまたま好きだった人に子どもがいたとか、婚姻歴があったとか、普通に考えてそういうことが恋愛なんじゃないの?

本人以外の条件で括ってるってなんだろう。意味がわからない。

 

シングルマザーの友達作りとか、365日ワンオペを切り抜けるコツとかそういうコミュニティなら理解できるけど、「ママだって恋愛」とか言われると本当に白々しい。白けてしまう。

 

はっきり言って、子どもが成人になるまで誰よりも子どもを最優先にして生きるべき、くらいに思っているから余計に受け入れ難いのもあるんだろうけども。

 

それにしても、変なものが現れては消えるネット時代。