子どもと暮らす日々のブログ

病院で働きながら子どもと生活する日々を書いています。どうせなら人に役立つことも書ければと思います。

アトピー性皮膚炎について思うこと。

2歳の頃、海に行って高熱を出したことがある。

それ以降、肌の赤みと痒みが消えず、アトピー性皮膚炎と診断されて3歳の時に1年間、卵と小麦粉断ちをした。

当時は「素朴すぎる味」のパンや味噌や醤油を使っていた(らしい)。

おやつに食べていた乾パンみたいなクッキーは覚えているけど、食パンや醤油の味の記憶はあまりない。

1年経って、少し落ち着いてから少しずつ食べる量を調整していたようだけど、小学校に上がる頃には食べ物の制限なくなんでも食べていた。

皮膚科はあちこちに連れて行ってもらった記憶があり、最後は父の同級生で皮膚科医の気さくなおじさんに長いこと見てもらっていた。

 

治療はどんな薬だったかさっぱり覚えてないけどステロイドだったことは確か。毎回、「たくさんつけると〜」っていう副作用の説明を受けていた。

おかげで今もって日焼けしない部分とする部分だとか顔の皮膚がものすごく薄くなっている感じとかがある。それでも普通の化粧水を使えて一日市販の化粧品を使ってもかぶれない程度には肌がキープされている。

 

大学生の頃、就活のストレスで肌がものすごく荒れたことがある。近医で評判の非ステロイド治療をしてくれる皮膚科にも何度も通っていた。

夏が過ぎ、秋、冬に差し掛かる時期になっても治らず、ある日皮膚科を変えて大学近くのクリニックにかかったら今までの悩みはなんだったのか?というほど数日でぴったりと炎症が治ってきれいになった。

それ以来、途切れつつも同じ皮膚科でずっとお世話になっている。先日息子を診てもらったのもその先生だ。

大学時代から考えると15年くらいの付き合いになる。

かかり続けてることにも驚くけど、腕の良さにも相変わらず驚く。

その先生が処方してくれる薬もステロイド薬。

昔と違って含有量も少し変わってたり非ステロイドのいい薬もでてるのだろうけど、この40年近い経験からアトピーの薬は湿疹が出てればステロイド薬に限ると思っている。

痒い。とにかく痒いって時に己の免疫だとかなんだとかはあまり関係ないというか意味がないというか。今、今日、今夜明日の痒みをブロックしたいだけだから。

だから、夜お風呂上がりにきちんとステロイドを塗ってよく寝る。

 

これで毎度悪化しそうなアトピーを制御してきた。

 

時々、非ステロイド信奉とかその手の医療「的」なものが跋扈しているのが本当に心配になってしまう。特にお子さんに対する治療として標準治療を選択しないことは医学の否定ではないか?と思ってしまう。

 

なので、息子の喘息も発作が頻回だったときはかなりガッツリとステロイド吸入薬を使っていた。

今元気なのはそのおかげだと思っている。

アトピーの経験上からも非ステロイドとかで頑張って治そうとするとかえって悪化させてしまったり具合悪くなってしまうこともある。

自分に合う治療=きちんと治る、ということだと認識しているし、「治る」ということに向かって何度も薬を変えたり量を変えたり細かくみる先生が「いい先生」だと思っている。

そういう先生に出会えることもすごく大事だし、治療において標準治療を否定してそれ以外に頼ることは得策ではないと思う。

アトピーで重症皮膚炎なのにまともな医師に診てもらってないお子さんのことを時々ネットで見ると胸が痛んで仕方ない。

 

 

仕事も子どもも大事

似たようなことを何度も何度もブログに書いているけど、いつも思う。

「子どもと仕事とどっちが大切?ってナンセンスすぎる」って。

どうして粒度の異なるものを一直線上に考えるのだろう。

ただ、新型コロナの時代にあって改めて仕事とは?子育てとは?と考えるきっかけになった。

たまたまこんなお題があったから乗っかってみることにした。

働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て

働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て
by オリックスグループ

 

仕事と子育てというトピックスで最新で思い浮かぶのは4−5月の緊急事態宣言下のこと。

私は仕事がら在宅ワークができないため、緊急事態宣言中も毎日同じペースかむしろ忙しいくらいだった。

我が家は仕事がら保育園や学童を使わせてもらったけど、保育士さんや学童の先生たちはさぞ大変だったと思う。社会全体がピリピリとしていたし、毎日「今日も大丈夫だった」を繰り返しながら日々が過ぎていった。その「大丈夫だった」の裏には家庭はもちろん、保育園や学童でも感染予防の徹底がくまなくされていて子ども相手に精神的疲労はいかばかりかといつもありがたく、申し訳なかった。

 

ちょうどその頃、部署の人がコロナと関係なく諸事情ですごく少なくなって自分が休むわけにもいかず、毎日の健康管理を第一に仕事を続ける他なかった。本当にお世話になっている保育園や学童には感謝と申し訳ない気持ち。

そんな中で、自分が生活や仕事をしていく上で保育園や学校という機関があるから外に出られるんだなということを改めて確認する機会にもなった。

私の勤務先の病院でも新型コロナの中でも他の病気になって治療して入院継続する人はいらっしゃった。もし私たち病院職員がみんな「コロナだから自粛する」って言って休んだら助かる命も助からないし、家族が全て引き受けねばならなくなる。

 

「仕事と命とどっちが大事?」って問われたときの違和感はここのあたりにあるのかもしれない。仕事を通して人の生き死にや少なくとも生活や人生に大きく関わっているけど、その役割を全部やめて子どもの命を守り続けるというのも一つの道だろう。

だけど、多分これは私個人の価値判断として、「人は社会の中で生きている」=「人は人に助けられながら生きている」っていうのがあるから、預けて働くという選択が私にとってはすごく自然だった。

そうじゃない人もいるだろうし、それはそれで全然良いことだと思う。

新型コロナ禍において普段可視化されないこういう価値観がお互いにあらわになったり、それこそ誰がどういう仕事をどこでしていると言ったことも改めて意識させられる時代になったなと思う。

 

良いとか悪いはともかくとして、社会がいろんな価値観や思いや状況に置かれた人によって構成されていて、その幅の広さや豊さ、グラデーションみたいなものがある。

そのいろんな幅の広さや深さが包括的に受け入れられていく社会であって欲しいと思う。

子どもたちは、新型コロナ禍で保育園や学童を利用した圧倒的マイノリティーだったけどマイノリティーであることのストレスもそこから見えてくる景色も、子どもがいつか大きくなったときに想像したり思いやったりするときの「何か」に役立てられたらいいなと思う。