子どもと暮らす日々のブログ

病院で働きながら子どもと生活する日々を書いています。

文化の継承

f:id:like_little_children:20210801164342p:plain

高校の家庭科の時間だったと思う。

家族の役割として、「文化の継承」というものがあることを知った。それまでそんなに意識したこともなかったし、気にも留めていなかったけれど、その話を聞いたときに「確かに家族の文化は家庭内で継承されるのかも」と思った。

たとえば、家で音楽を聴く人はその音楽が子どもに馴染みある音として認識されるだろうし、洋服の趣味や読む本、見るテレビ。いろんなものが「文化」と言えるのかも。

 

洗濯物を干しているときに急にそのことを思い出した。

私の祖母は和裁も洋裁もできる人だった。すごいなと思っているけれど、当時はそれが教養だしできて当たり前の時代だったのかも。洋服は買うものではなく作るもの。

母は結婚するまでほとんど服を買ったことがなかったという。スーツも着物も普段着も全部祖母が母にオーダーメイドで作っていた。

残念ながらその知識と技術は母のもとには継がれず、私のところにも継がれていない。

 

だけど、母は多少なりとも丁寧には裁縫ができる。マクラメも教師をする程度の腕前はあり、何かを作る能力は形を変えて継がれている。

で、洗濯を干していて思うのは、干し方一つとっても「干せばいいんでしょ」という干し方しかしない(できない)私と、よりよく乾くためにシワを残さないように干すにはという生活の知恵を持って教えてくれている母の、何ひとつも継いでいないということ。

 

いい加減、そろそろ私も家庭の文化継承として継いでいく必要がある。20年は遅いけど。娘にズボラな私を継がせるのも良くない。

祖母の古い手動ミシンが祖母宅に置いてあって、それをいつか取りに行きたいと考えているけどそう言いつつ10年近くが経過してしまっている。

こんなコロナで祖母のいる施設にも行けないけど会いたいな。

もうすぐ祖母の誕生日。今年で96歳。

私のことなどわからないだろうけど私の中で祖母は誰よりも優しく、大好きな祖母に変わりない。

手の器用さも、マメさも引き継がれていないけど祖母や母の精神面はそれなりに引き継がれているような気がする。

家族というのは本当に奥深い関係だなと思う。

夏休み。娘の一日

f:id:like_little_children:20210730221329p:plain

夏休みに入り、早速元夫宅へ遊びに遠征した子どもたち。

夏休みの宿題は持っていかず、あえて遊びに徹した連休だった。

そして帰ってきてのここ数日。

娘は学童にも行きたくないとのことだし、私もすっかり希望を出すのを忘れてしまい、結果的に利用できない状況に。

なのでこの夏は泣いても笑っても学童の利用は諦めるしかなく、家で過ごすことになった。

 

とある一日。

朝7時:起床。

7時半:朝食。

8時:私と息子が家を出る。

娘、宿題に取り掛かる。

10時15分:お昼ごはん!!

片付け、洗い物。

11時:掃除機

11時過ぎ:お昼寝

12時頃:起床と勉強。もう一度掃除機。

14時:ドリル終わらせる。

祖母宅へ。

15時:夕飯作りの手伝い。

16時過ぎ:入浴。

 

洗い物も掃除も全くお願いしてなかったし、宿題もせいぜい3ページくらい国語を進めよう!みたいなゆっるーい目標でやってもらったけど、なんかすごいあちこちにやる気スイッチがあったらしく、家事から宿題までこなしていた。

 

私にはないこの真面目さ。そしてきっちりとしてる感じ。本当に我が子ながら偉いなと思うし、今は家の柱を使ってポールダンスさながらの曲芸をしているけど、怪我がなければ好きに遊んでくれ。

夜な夜な息子とそんなことをして遊んでいるけど、昼間はきっとつまらないのだろうな。つまらないけどテレビのリモコンもないから掃除機でもかけるか!っていう発想が本当に見習いたい。素敵。

そして「やることがないから寝た」「お昼が美味しそうでがまんできなくて食べちゃった」というのもなんともかわいい。

 

娘の夏は、こうして過ぎていく。