子どもと暮らす日々のブログ

病院で働きながら子どもと生活する日々を書いています。

保育園の良し悪し

SNSを眺めていたら「良い園」と「微妙な園」についての話が出ていた。読み込んではないけど、そこに書かれていたのは、良い保育園は清掃作業(除菌?)を保育の助手さんがしていて保育士さんはやってない、連絡帳に細かなことを書いてくれている、などが挙げ…

結婚て絶望だった。

結婚していた当時は、不協和音はあるけどなんとかそれを宥めすかして、無視して忘れて、先延ばしにしていればいつか年をとって何とかなるかもしれないと思っていた。 それが、一つ一つ困難が越えられなくなってきて、離婚した時の開放感たら。 先延ばしにし…

無事退院。

息子が5泊6日の入院を経て帰ってきた。喘息の入院だからいつも長くならないものの1日、1日が息子には苦痛のことだったと思う。 小児病棟で入院している他のお子さんも「ママ〜」と泣いている。もちろん「パパに何で会えないの?」と涙する子どもも多い。面会…

娘の勉強

兼ねてから娘の入塾体験みたいなものを申し込んでいて、連休中に体験授業を受けに行ってきた。 行ってきたといっても徒歩1分、自宅のベランダから見える超近い塾で、「塾に行くならここの一択か」など考えあぐねている。 本当はSAPIとか言いたいけど、そんな…

久しぶりの喘息⑤気持ちのこと

入院初日、と言っても明け方に入院して夕方遅くに行った時には体調も悪くて帰りたいけど帰れないことを息子は自覚していた様子。 翌日、お見舞いに行ったら「いつ帰れるの?」と不安げで、だけど酸素マスクはガッツリだし、遊ぶ気力はなく。 私が帰る時には…

久しぶりの喘息④入院3日目

しばらく、退院するまで書くのをお許しいただきたい(誰に...w) とにかく忘れっぽい。 なのでここにちゃんと記録しておかねばと今回ばかりは思う。 さて、入院も数えるのが面倒になるほどで多分、6回目かな。 年1回は入院している。 入院2日目では酸素も日…

久しぶりの喘息③入院中

昨日のつづき。 hopeforchildren.hatenablog.com病院にかかる前は散々救急外来の看護師に冷たさのある言葉をいただいたが、診察室に入ってすぐに全身防具を身に纏った麻呂先生が登場。 とにかく、そろそろと歩く様子も何もかもが平安時代を彷彿とさせる。全…

久しぶりの喘息②入院した

喘息発作が起きて吸入をして、無事にベッドに入ったから、様子を見ていようと思った夜。 hopeforchildren.hatenablog.com このあと、11時、12時と陥没呼吸だしヒューってあの音がするし、だけど眠っているし。 どうしようかなと思って私も横になりつつも眠れ…

久しぶりの喘息

息子の喘息もすっかり影を潜め、西の空に台風が発生したといえばいち早く反応し、きたの空に冬型気圧配置が配置されたと言われれば、肺で教えてくれていた息子。 それもずいぶんと減って、「いよいよ天候に左右されない体」になってきたなと頼もしく思ってい…

ドラム式洗濯機の不調

8月の下旬だったか。突如として洗濯機の乾燥機が使えなくなった。困った。 何が困るって、我が家のタオルは8年選手、9年選手が少なくない。当然、ごわっとしているのだけど、これがあらま。 乾燥機を使うとふんわりふわふわに仕上がる。 まあ、吸水性は押し…

【読書録】光源

久しぶりに桐野夏生の本を手にした。 すごい好きな作家で今回も楽しみにしていた。 結論から言うと、今までとはまた少しテイストが違うなぁという感想。 ただ、それは「面白くない」などという話ではなくて、私の知らない世界を次々と開いていく感じ。例えば…

一人で二人見る

親一人、こども二人。 我が家の家族構成は息子がこの世に誕生した日からずっとこのままできている。 もう少し子どもが小さいときには「ママだけどパパ的なこともやるよ」と思っていて、子どもを抱っことおんぶで出先から帰ったこともあるし、ダブル抱っこも…

人とうまく話せなくなっている

何でもかんでもコロナのせいでもないだろうけど、人と話すことが極端に少ないなぁと思う。もちろん、職場では疲れるほど話すし、それ以上に人の話も伺うし、コミュニケーションが全てって言っても過言ではない仕事だから、会話がない日はない。 だけど、家族…

発熱

全然熱はない。 だけど急に熱のことを思い出した。息子がまだ1歳になる前のこと。熱も咳も鼻水も出ない日が一体どれくらいあったことだろうか。 気を抜くと38度台後半をよく叩き出していた。 咳は年がら年中続いていた。 保育園の連絡ノートは登園日がファイ…

メール、電話、直接話す。

職場のコミュニケーション手段はおもにこの3つ。 先生、看護師、リハビリスタッフ...いろんな院内職員と常時この3つを駆使して連絡を取り合っている。 先日、職場のメールで連絡が来て緊急性が伝わらず、(メールも超遅かった)結果的に上手くいかないことが…

残業して料理をする

毎日、いい加減にしな!というほど忙しい。あまりの忙しさに30分以上早く勤務についている。なお、終わらん。なお忙しい。 どういうことだろうか?と思ったら、先月は上司と二人で80件を引き受けていた。 割合は上司が6−7割だろうか。頼りすぎ。 ちゃんと数…

ファストファッション!

UNIQLOだとかGUに代表されるようなファストファッション。 もう立派に中年だし、そろそろお金のかけどころも掛け金も見直したい。 そう思うと、買うのは控えようと思う今日この頃。 ただ、アプリはしっかり登録していて、職場の短い昼休みに眺めるには最適。…

私も歳をとった。

ふと、街中で鏡などを見ると、本当驚いちゃう。 誰かなって思うレベルで老けている。これが私のありのままの姿だし、今日現在の姿。それはわかっているし、何も若作りしようとか若見えさせたいとかいう欲があるわけではない。だけど、自分の中の精神年齢と実…

子どもの衝動性

富山県で行方不明となっていた2歳男児が海の沖合で見つかった。「子どもの遺体らしきもの」が、行方不明となっていた男児と一致したのは、なんとも言えないやるせなさが襲う。 どこかで生きててくれれば、誰か子ども好きな人が一時的に預かってしまって引っ…

先の先の先まで読む。

母と話していると時々「息苦しいだろう」と思うことがある。 母は八面六臂のように幾つもの目と手があるかのように動いている。ホテルでの接客業をしていたのだけど、お客さんがいつ・どこで・誰と・何時に会うかを記録するのは当然のことながら、最初の電話…

当たり前の言葉でも。

今年度に入って、回復期・療養期の病棟から急性期の病棟に異動した。 病院のことは全く知らないよって人にはなんのこっちゃという話だろう。流石に「急性期」って普通に知られている言葉だと思って「ここは急性期の病院だから」なんて安易に使うと、顔中がは…

何かに頼ること

最近、立て続けにアルコール依存の人の支援というか関わりをしている。 支援なんていうのはおこがましい。 どうしたらいいかなって私自身が右往左往と頭の中で悩み、結論を出せずに専門のクリニックのPSWさんとかにも知恵をもらっている。 その中で、PSWさん…

季節が変わった

8月最後のあたりから「猛暑」みたいな日は急に減って、9月に入った途端に涼しさも感じるほど。 とはいえ、雨で湿度は相変わらず高いし梅雨っぽくもある。 一年で一番好きな季節はやっぱり夏なのだけど、春とか秋とか、はっきりしない季節も悪くない。 新学期…

夏休みが終わってしまった

あっという間に夏休みが終わった。 小学生の頃、夏休みが最高に好きだった。特に娘と同じ3年生の頃。姉と一緒に勉強したり勉強しないでドラマ見たり、とにかく一緒にいっぱい過ごした。 お昼ご飯を姉が用意してくれて洗い物は私がしたり、姉がしてくれたり。…

見ていない人からの評価

一昨年から勤務先の上司が変わった。と言っても直属の上司は安心安全、美人で気立の良い素敵な方。 変わったのは部局長なのだけど、前の所属の部局長は気さくで私が入職するきっかけになった人でもあってその人の活動は同じ社会福祉士としてすごく尊敬できる…

子どもが産まれて育つこと

夏は娘の誕生日。幾度となく考えて、同じことを思う。以前にも書いたけど、子どもが生まれるまで本当に憂鬱だった。 特に妊娠初期〜中期は胎動も感じにくくて生きているのかどうかもわからないから、ずっと不安だった。もしも私が普通に過ごすこの時間のなか…

保育園に預けるかどうか

時々SNSで「親が休みの日に子どもを預ける問題」が保育園の話題として出てくる。幼稚園なら問題にもならないけど保育園はかつては「保育に欠ける事由」で保育所理由が認められていたけど、現行では「保育の必要性」の事由に言葉が変わって定義もやや変わった…

ずっと一緒

何度も何度もここには書いてるけど、娘と息子は一心同体かと思うほどいつも一緒。 好きなテレビも、好きな遊びも何もかも。 二人でいることがお互いにこんなに心地よいのかというほど二人は寝ても覚めても一緒にいる。 よく観察していると、起きる時って大体…

夏休みももうすぐ終わり

さてさて、8月ももうすぐ終わるし2学期が始まる。 夏休みのおかげでなんとなく娘がニュートラルになった気がする。毎日、息子とおばあちゃんと主に関わる日々、精神的にも落ち着いているというか。 「何考えているかわからない」みたいなことが減っている。 …

人あたり

食あたりみたいな感じで人あたりしそうだわと時々思う。仕事が詰まっている今週、ドラマみたいな人たちと数多く出会った。 病院てつくづく不思議な場所だなと思う。 入院してくる理由、受診理由は人それぞれ。 主訴がなんだかわからない人もいるし、開けては…