子どもと暮らす日々のブログ

病院で働きながら子どもと生活する日々を書いています。

文化の継承

高校の家庭科の時間だったと思う。 家族の役割として、「文化の継承」というものがあることを知った。それまでそんなに意識したこともなかったし、気にも留めていなかったけれど、その話を聞いたときに「確かに家族の文化は家庭内で継承されるのかも」と思っ…

夏休み。娘の一日

夏休みに入り、早速元夫宅へ遊びに遠征した子どもたち。 夏休みの宿題は持っていかず、あえて遊びに徹した連休だった。 そして帰ってきてのここ数日。 娘は学童にも行きたくないとのことだし、私もすっかり希望を出すのを忘れてしまい、結果的に利用できない…

300人が3000人に。

つい1ヶ月前の6月中旬は、新型コロナの感染者が300人台だった。多い日もあれば少ない日もありつつも、6月15日の7日間平均が376人だった。 それがあれよあれよと爆伸びしていて気がついたら3000人を超えている。そのうち7日間平均も3000人台になるのだろう。 …

メディア批判を考える。

SNSに触れるようになって、一番驚いたのはオールドメディアというものへの強い拒否反応とか嫌悪感を抱く人の存在だった。 別に私も信じ込んでいることはないものの、逆にネットメディアの危うさとかエビデンスのなさとか編集者のレベルの低さは、自らそこに…

誕生日ですっていうあれ。

Twitterを眺めていると「今日、実は誕生日なんです」という人の投稿が目につくことがある。気が向けばハートマークを押す。そうすると、風船が飛ぶらしい。 「旦那がハートの数(×100)だけの金額の誕プレを買ってくれるって言ってます」的なのもある。 いつか…

またまたの失敗。

昨年11月も同じ失敗をした。 連続でブログ更新をしたかったのに1日更新が滞ってしまった。残念至極。 こういうときの悔しさってTwitterでちょこっと呟けばすむものなのだろうけども、なんだかそれでは気持ちが定まらない。 かといってここに垂れ流せばいいわ…

【映画鑑賞】チャーリーズ・エンジェル

何ヶ月か前、王様のブランチでLiLiCoが紹介してたのを見て以来、見たいな、見たいな私の好みだなと思っていた。 見る前のイメージは「キャッツアイ」だったのだけど、実際は少し違う。 だけど息を呑むアクションとスリルと。 もうありきたりの言葉では言い表…

じぶんの常識は他人の非常識。

当然のことだけど世の中には本当にいろんな人がいる。 高校から大学に行ったときに、ずいぶん色んな人が世の中にはいるもんだなァなんて思ったけど、甘い。 社会に出たら信じられない人がいた。仕事中に目の前で鼻をほじる人とか、なだれを起こすデスクで働…

マザー・テレサの言葉の前で。

Twitterでたまたま見かけた言葉。誰かの背中を押した言葉は、私の心にとどまっている。 ずっとその言葉のことを考えている。 残念ながら銀座の教文館でもその詩の載った本は見つけられなかった。どこかの本に出ているのかな。 “Life is an opportunity, bene…

子どものいない日。

子どもが父親のところに旅立った。 子どもとバイバイして、元夫に引き渡してからの道のりは、両手が一気に空いたのになにかを失くしたような心もとなさでいっぱいで、寂しい。 小さい頃に親がいない昼の時間、全然寂しくなくて一人の時間を謳歌していた。 今…

とろける昼。

タイトルがふさわしいかどうかはわからない。だけど、私の中の何かが溶け、そしていつも何か心に突き刺さるような思いになった。ちょうど今日の昼下がり。 きっかけは半年近く前に退院した、とある患者さん家族からの一本の電話だった。 総合窓口にかかって…

謝ることの功罪。

またいつかゆっくり触れたいと思うけど、五輪作曲を担当することになったミュージシャンが学生時代に繰り返し行っていた虐待が再び日の目を見て辞任に至った、というニュースが流れてきた。 当然だろう。という思いとともに、つい数日前に「謝りたい」とか「…

一年で一番眠い季節

梅雨だなと思ったらあっという間に夏になった。 子どもも外で遊ぶのが危険なほどの暑さ。 コロナのこともあるけど、それ以上に熱中症もすぐそこに迫る危機。 日曜日、公園に繰り出したところ、遊具の熱さに息子が滑ることもできず、娘に介助されてジャングル…

きょうだいの顔。

娘を生んだとき、ずいぶん和顔の子だなと思った。夫もそんなに目が細くなく、私も二重でどちらかというとフィリピーナに間違われる感じで、系統の違う顔立ちの子が生まれるもんなんだな、と感心した。 時を経て、息子が生まれたとき、こちらは生まれながらに…

「一番は弟」

娘がおもむろに「一番好きな家族」について話しだした。堂々一位は、誰でもない。娘の弟。 次にパパ、次にママ。 その後に少し間があって「あ、いとこがいる」となり、「弟、いとこの一番目のお姉ちゃん、二番目のお姉ちゃん、いとこのお兄ちゃん、パパ、マ…

「ママは離婚したの?」

コナンをみんな(私と娘と息子)で見ていたときにおもむろに聞かれた。「ママは離婚したの?」「ママはパパと一緒に暮らしてないよね。それって離婚したってことでしょ」 突然の発言にうっかりと言葉をつまらせてしまい、まだきちんと説明ができていない。 …

誰かに寄り添うこと。

担当していた患者さんが急性期治療のために救急車で転院していった。ずっと具合が悪かった。ずっと耐えていた。 ようやく治療が受けられる。 少し安心する私がいた。だけど、ご家族は本人が病で倒れて以来、ずっと参っていた。だからこの状況は本人以上に家…

コロナワクチンを打つか、打たないか。

先日、Twitterを見ていたら65歳未満の人たちにも接種券が配られ始めて、実際に受けている人の話が出ていた。 Twitterでしか知らない人なのだけど、そこそこに近隣住民なので身近に勝手に感じている。 若い世代の人にとって(高齢者もだけど)、ワクチンを打…

見えない学校生活

最近、娘のテストが立て続けに0点。 一度はおしゃべりをしていたから。 もう一度は机の中の教科書をテスト中に見たから。 絶対ダメなやつ。両方ともテストは失格。とくに後者などルール違反もいいところ。ありえない。 我が子ながら、どうしてそういうズルを…

風邪かコロナか。

先週、息子がひどい咳と熱発でダウンしたことで、一週間がおそろしく長く感じた。月曜の朝から病院に駆け込んで、昼近くまで病院にいてから出勤。週の半ばは絶対に休めないし、病児保育の手配しなくちゃとか、あれこれと久しぶりにフル回転していたら、近所…

掃除機の掃除

久しぶりにものすごく気温の上がった週末、今日は晴れ渡りそうだと踏んで、急に掃除機を掃除しようと思い立った。 我が家の掃除機はDysonなのだけど、Dysonは吸引力が違う。 その言葉を信じて、「掃除機買うならDyson」と結婚のお祝いにリクエストしていただ…

良い病院、良い医師とは。

今の病院に勤め始めて2年以上が気づけば経過した。まだまだ短い。 ひどい部署もあるし、やっぱりどこの世界も完璧な世界はない。それでも良心的な人が揃っていて、全体的に良い人たちが多いところだなと日々感じている。 そして良い病院とは...ということを…

見せしめ人事

今の職場に入って一番仲良くなった看護師さん。今日もたまたま一緒に話す機会があって、あれこれと話していたら、どうも異動になるらしい。 ものすごく優秀。 困ったことがあったらほかの看護師さんには相談できなくてもその子には相談ができる。 他職種から…

咳、鼻水、熱、そして頻呼吸。

タイトル通りの症状のオンパレードで、これはだめだもう喘息になる道を歩いているじゃないか。 そんな週末を過ごした息子。とくに日曜の夜は「今から病院?」とか細い声で何度か聞かれ、「モクモクしたい...」と。 かなりつらいのだろう。でも陥没呼吸もひど…

娘の自立。

2年生になり、娘の成長が著しい。 息子の体調不良などに翻弄されがちな私に対し、どこ吹く風で着々と「ひとりでできるもん」を重ねている。 先日から、一人で習い事に通い始めている。一つはずいぶん前から一人で往復していたけど繁華街を通る方の習い事は一…

【読書録】私の家

最近は読んだことのない作家の本を読むようにしていて、今回の青山さんも初めて読んだ気がする。 この間まで読んでいたカズオ・イシグロが海外を舞台に物語が編まれていたのに対して、『私の家』は日本のとても平均的な家族の、そこかしこに見ることができる…

【読書録】夜想曲集

カズオ・イシグロの本を一度は読んでみたいと思っていたものの、そのことすらも忘れていた。 ある日図書館に立ち寄ったときにふと見つけて読んでみることにしたのが『夜想曲集』。 短編がいくつか集められた物語集なのだけど、どの物語も音楽と人との交わり…

八街市の児童交通死亡事故に思う。

嫌な事件だった。嫌という言葉では片付けられない、なんとも言えない無力感に襲われる。 トラックの運転手が飲酒運転をして、下校時の児童の列に突っ込んで児童が亡くなり、重症を負った事件。 news.yahoo.co.jp 過去に福岡でも飲酒運転の事故に巻き込まれ、…

昇進の季節

先日、人事発令があった。 あの人も、この人も、一段偉くなっている。人事考課を経ての昇進の季節到来。 もちろん私には無縁のことで、「すごいなぁ」なんて思って眺めている。病院の規模が少し大きくなった今、人材不足はあちこち深刻。なんで彼女じゃなく…

偏見は聞きかじりと知ったかぶりから。

普段、Twitterで海外在住の方の投稿を読む機会がある。フォローしているからなのだけども。そうしたツイートの中には、「日本はこうでああだ。ここに来たらそういうのは通用しない」(そのまた逆)。みたいな話をよく見かける。 日本についてどの程度覚えて…