子どもと暮らす日々のブログ

病院で働きながら子どもと生活する日々を書いています。どうせなら人に役立つことも書ければと思います。

タッキーの引退発表

全然、追っていない出来事ですので、ファンの方には申し訳ないただのおばさんの感想です。

news.nifty.comタッキーが表舞台を引退し、裏方に回るという話。タッキーといえば、火山探検家の顔をもつ、ちょっと不思議な立ち位置の人。テレビドラマよりも舞台で活躍なさっている人というのが私の印象です。

最近はそんな印象ですが、20数年前の印象は、「なんだこの美少年は!?」という感じでした。当時、自分も同じような年頃でジャニーズJr.のオリキなんかしてましたが、タッキーの登場にはすごいざわついたのを覚えています。

なんかもう、可愛いし、この世のものと思えない肌だし、こんな完璧な子っていなくない??と思いました。そこに川野くんと翼がいて3人でよく雑誌に出ていてキンキの次のデビューはこの3人だろうな、なんて思っていました。

斗真くんとか櫻井翔くんとかもいたけど、タッキーの可愛さって破格だったと思います。なんかもう、生まれながらのアイドルというか....。

 

で、時は流れて2018年。タッキーが表舞台から裏方へと転職すると聞き、もちろん驚いたものの、タッキーのあちこちでの発言を見るに、ものすごく「現実的に将来を見ている」と思いました。

まあ、奇しくも時代の寵児であった安室奈美恵さんとも通じるほどに現実的。ものすごく現実的。

ちやほやされるたびに、小さなため息と、自分の真価を推し量る癖が付いていたのかどうかは知らないですが、少なくとも周りについつい乗せられてハシゴ外されるようなタイプじゃないところと、生まれ持ったスーパースター性みたいなものって二人にあるなぁと思います。

ただ、タッキーについていえばいわゆるデビューもしなかったし、同世代のJr.の行く末もたくさん見てきて色々思うところもあったのではないかとおもいます。

デビューしなかった故にタッキー自身がテレビメディアに露出する機会というのも必然的に少なくて、日本のアイドルシーンが歌と深く結びついているんだな、と思います。

 

バラエティのタレントは多くいますが、消化が早くてジャニーズとは意外となじまないし。

 

で、もう一人裏を支える雰囲気の人といえば個人的には堂本光一くんだと思いますが、光一くんはKinKi Kidsでやっているしそこを解散してまで、ではないのかな、と思ったり。

少年隊のヒガシにしても、表にがっつり出るタイプだし。

なんか周りを見渡すと、やっぱりタッキーが順当なのかと腑に落ちる気がしました。

これで心置きなく火山も探検できるんじゃないか、なんて思ったりね(追いかけ回されにくくなるし)。

 

なんだか、私がJr.のオリキしていた頃のJr.たちの活動って気になるんですが、屋良くんとか名前見ただけでも悶絶級の懐かしさ。

あの頃のJr.って可愛かったなぁ、全盛期だなと今でも思います。

私が好きだった人は消えちゃいましたが。

 

川野くんとか時々ドラマで見ると嬉しくなってしまいます。

 

タッキーの行き方はこれからもちょっと気になるなぁ、と思いつつ、このニュースを見ていました。