読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもと暮らす日々のブログ

IT企業で働きながら子どもと夫と生活する日々を書いています。どうせなら人に役立つことも書ければと思います。

なんでブログを始めたのだろうか。

今週のお題が「私がブログを始めたきっかけ」だったので記憶の糸を辿りたいと思います。といってもわずか112日前のことですが。

f:id:like_little_children:20150615141828j:plain

たしかこのブログを始めた時、娘が風邪をひいていて数日会社を休んだり早退したりしていたと思います。

こうして子どもが理由で仕事を休まざるを得ないたびに、「シングルとはやっぱり全然違う。普段同じように働けるつもりでもやっぱりこういう時は違いを感じるんだよなぁ」と思ったことがブログのきっかけでした。

 

ただ、だからといって「女性応援マガジン」的な、「子育てママすばらしい」的な、「ワーママってえらい」的なWebメディアにも共感できなくて、いろいろある時もあるけど極めて、普通。という日常もあるよってことが言いたかった気がします。

 

それは今も変わらないかもしれません。

 

特別に大きく価値観が変わったこともなく、生活は多少変わったけど大げさにいうほどの変化ではなく、変わった自分を見つけることの方が難しいと思います。

 

あとは、すぐに忘れてしまう日常の備忘録であったり、多少、子どもがいると必要な手続き的な話など、自分が調べるのにちょっと面倒くさかったものを紹介できればいいなと思って始めたのですが。

あまり役立つ記事はかけてないなと思います。

 

子どもが生まれても自分は変わってないと書いたばかりでしたが、知識や興味という部分では大きく幅が出た気がしますし、いろんな記事やニュースに共感も反発も覚えるようになりました。

 

妊娠中からやっておけばよかったのかもしれないと思いますが、根っからの無精者。そこは思い立ったが吉日、くらいで無計画に始めたので自分ぽいなと思います。

 

ちなみに、「面接の結果は一両日以内に出る」と合格の場合の話が何かに出ていて、まだ結果がないものでダメに違いないと感じています。でも、そうやって過去のことにグジグジ悩んでる時点で、とらわれ過ぎてるし、自分の偶像になってるからいけないなと思います。

 

がんばってダメならそれが私の未来なんだと引き受けるしかないですね。選択肢はいっぱいあるかもしれないけど歩める道はその時その時、ひとつだけだなと最近感じています。