読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもと暮らす日々のブログ

IT企業で働きながら子どもと夫と生活する日々を書いています。どうせなら人に役立つことも書ければと思います。

ポートフォリオを作ってみる

ポートフォリオってデザイン、コピーライター系の仕事をしている人ならなじみがあるかもしれないですね。いわゆる、自分の作品集みたいなものです。

私の場合、紙媒体、Webと体験したのですが、編集だし、しかも受託生産をしていないのでバラエティはないのですが、今度応募する会社が「ポートフォリオ提出のこと」という書類審査があるため、作成してみました。

f:id:like_little_children:20150715164709j:plain

何をどう作ったら良いのかわからず、エージェントさんに相談したのですが、そのおかげで少しイメージがつかめてなんとか制作しました。

最初に応募書類でポートフォリオが必要だとわかった時、途方もなく感じましたが、過去の自分の書いた記事などをまとめていくうちに自分の仕事をもう一度見つめ直すことができたし、「やっぱり書いたり編集したり、文章に関わる仕事は天職だな、大好きだな」ということも確認できました。

 

ポートフォリオを作ることで自分の仕事を客観的に振り返るだけでなく「こういうことやああいうことをしてきたんだな」という自信というか、自分のやってきたことを思い出しました。

書類が通るかどうかわかりませんが、一社一社、丁寧に取り組んでいこうと思います。

 


 

ちなみに、私がポートフォリオなぞ作成している間に安保法案が採決されてしまいました。過去の内閣、いずれも「良い」とは思えていないですが、現内閣ほど醜悪な政府を見たことがありません。

私は娘の未来を守ってあげられなかったんだということが悔しくやるせないです。

 

ニュースを知って思わず涙が出てきました。

私が小さい頃から過ごしてきたこの日本は、ずっと「戦後」でした。「もはや戦後ではない」としても、平和憲法をもち、平和によって自分が守られていることを肌で感じながら大きくなりました。

娘はもっともっと生きにくい時代を生きることになるのだと思います。

いくら投票に行っても大多数の人が与党を支持し、結果的にこういうずさんな法案採決がなされたわけですが、それでもダメなものはダメ、悪いことは悪いと言い続けないといけないなと思います。

 

そんなに戦争にいきたいのなら、まず現内閣およびその支持者が行けばいい。心からそう思います。