子どもと暮らす日々のブログ

IT企業で働きながら子どもと夫と生活する日々を書いています。どうせなら人に役立つことも書ければと思います。

Mr.Childrenで心をリフレッシュ

現在ドームツアーをしているMr.Children

中学、高校、浪人時代も大学、社会人になって今に至るまでずっと聴いてきた音楽です。

独身の頃はライブも大阪まで行ったりしていました。

結婚する前、2012年の5月に夫と行ったのですが、その時はさいたまアリーナでした。かなり近くで見ることができました。

今回の東京ドームはどんな席だろう?って思い、期待していたんですが思ったほど席はよくありませんでした。

f:id:like_little_children:20150817165759j:plain

正直、ここ数年のライブでは肉眼で間近で櫻井さんを見ていたので、表情が肉眼で見えない席というのは久しぶり。

それでも櫻井さんの声のパワー、田原さん、ナカケイ、JENの演奏のパワー(+Summy)、歌の力はどこの席だろうとしびれるほどに伝わりました。

 

しかも今回はほぼMCなしのノンストップでした。あまり多くにMCの時間を使わないほうだけどそれでも、これまでよりぐっと少なくて、語りよりも歌で伝えたい、届けたいというミスチルの熱い思いが伝わり、こちらも胸が熱くなりました。

 

新しいアルバムからだいぶ歌ったものの、時々織り交ぜるのは「懐かしい」って叫びたくなるものばかりでした。

REFLECTION{Drip}初回盤

innocent worldもTomorrow never knowsも終わりなき旅、中学生、高校生とその時、その時聴いて励まされたりしてきた日々を思い出し、改めてジーン。

あの頃、通学の帰りの電車でさりげなく聴いていた曲で、当時ヒットしていた曲の一つにすぎなかったものかもしれません。

何年も何年も越えて自分の状況も変わっていきましたが、ずっと色褪せないし、今も聴いて元気になれて。

 

いつも思うのは、英語が話せたらとかヨーロッパで生まれたかったとか思う時もありますが、ミスチルに出会うという一時において、日本人でよかったってことです。

櫻井さんの歌詞を日本人で聴けてよかったなと思うからです。

 

今回のライブは、平和や希望、未来、次世代など深く大きなメッセージを感じるものでした。これまでもそういうものってわりとあったけど、いろいろシンプルになった上でメッセージがくっきり出たかなぁという感じ。

 

小林武史のいないミスチルはどんな感じかなぁ?なんて思いましたが、いるとかいないとかそもそも関係ないというか、私が好きなのはこの4人で生み出す音楽なんだなって思いました。

 

新しいフェーズにいるMr.Childrenはとても輝いていました。