子どもと暮らす日々のブログ

病院で働きながら子どもと生活する日々を書いています。どうせなら人に役立つことも書ければと思います。

春の喘息

下の息子が生まれてからこれまでの子育てが子育ての苦労の1/100くらいだったんだなと思いました。

冬は数回風邪を引き、1ヶ月半に1度位の喘息で済んでいたので、だいぶ元気になってきたな、月齢も上がったし^^と思っていました。

でも、この春はひどい!

3月に2回、今月ももうすでに一度発作があって更に今は熱発。熱と言ってもそんなに高くなくて8度台前半なので本人は元気ですが、「熱が下がったら喘息かも」と今日も先生に言われてしまいました。

息子はとある大学病院に通院してますが、そこの先生が小児の呼吸器科の専門医でとにかく診断が的確。

 

現在は医師と仕事をしているので良い先生、ダメな先生のことを時々考えるのですが、胸写が読めないとか誤診するとか(しかも風邪とかイレウスとかのレベルで)ひどいもんだなと思います。

息子の主治医は血液検査、聴診の細かな変化も見逃さず、ちゃんと診断にもエビデンスを教えてくれるので素人の私にもわかりやすいし、これでもだいぶ息子の喘息が良くなってきた気がします。

まだまだ発作の頻度は高めだけど、一回の発作で大発作にはならず中くらいで経過してるのは良い兆しだと思います。

 

喘息の治療で昨年はこの大学病院の先生に出会うまで本当に大変でしたが、近くに良い先生がいてよかったなと思います。

 

ちなみにもう少し前まではS大学病院に通っていましたが、そこの先生よりも今のほうがレベル高めな気がします。

もし息子が今のかかりつけの大学病院で入院してたら喘息の状況も違ったかなぁと思ったり。