子どもと暮らす日々のブログ

病院で働きながら子どもと生活する日々を書いています。どうせなら人に役立つことも書ければと思います。

性差ってなんだろう。

昨今、ネット上は杉田水脈議員の出産と「生産性」にまつわる話やLGBTへの無理解(というよりも完全に杉田議員によるHATE感情)や東京医大が入試の点数を女子学生に限って減点してた話など、性と性的役割について考えさせられることがとても多くあります。

 

で、最近娘に自転車を買ってあげようと考えており、何色が良い?と聞くと「ピンクが良い」という。でもピンクだと息子が乗りにくいんじゃないか、二人とも好きな色が良いんじゃないか?なんてことを話しているのですが、息子はピンクが好きかもしれないし、私の中に「ピンクって女の子の色」という刷り込みがあり、ジェンダーバイアスを持っているんだなと感じています。

 

今回の、東京医大女性差別について擁護する人も少なからずいて、「知り合いの女医も地方勤務はしたくない。だから女医の人材育成をしたがらない医学部があるのは当然」という発言を見て本当に愕然としました。

それって男女関係ない上に、入試にも関係ないこと。

入試で数万円も受験料を払わせておいて機会均等を与えないなんて、いろんな意味でアウトだと思います。せめて、男女比率を7:3にします。入試の採点は男女別に行い、女子の上位を3割の枠に、男子上位を7割の枠の中で決めます、と入試要綱に書いてあればよかったと思いますが、入試を加減するなんてもってのほかです。

私が親なら間違いなく、受験料を返してもらいます。

調査した第三者委員だが、誰かが「20-30年前の感覚が今も残っている...」という発言にもゾッとしました。つまり私が大学受験の頃って割と普通に考えられていたということ。

中学時代に「原始、女性は太陽であった」という言葉を知って、明治時代に勇敢に社会正義を訴えた女性がいて、いまの男女平等があるんだなと純粋に感じ入っていましたが、実はまだまだ女性への偏見や差別があったということですね。差別や偏見はいつの時代も、形を変え、表現を変えて存在していると言われますが、この入試における差別など非常に直截的で、女性を軽視していることが良くわかります。

余談ですけど、T大で手術した患者さんが「え??」ていうような手術されてたり、「その疾患で再オペでその術式って完全に失敗だったんだね」みたいな例があったりして、優秀な人を入れないでお金お金って言ってると最終的に病院を潰すことになるんじゃない??って思います。

 

娘には、女性だからとかそういうことでしぼめられてしまうことなく、やりたい仕事をのびのびやって欲しいです。

ちなみに息子の主治医は女性医師。息子の行く大学病院は主治医の先生以外も女性医師がとても多いし、検査のオーダーも診察もテキパキとしていて的確。女性医師も医療の一翼を担っているし、すごく優秀なんだろうなと思うけども。

 

杉田水脈の発言は......つける薬もないし取り上げたくもないほどに不愉快。ただ、少数の人への支援策を考えられない人は議員にふさわしくないと思う。支援策=税金投入ではないし、こんな議員に税金を使われている方がよほど、税金の無駄使い。

この人、保育園が旧ソビエトの陰謀だとか、もうちょっと電波な匂いしかしない。安倍首相のきも煎りらしいから二人とも電波なのかな。